プロローグ2

ボクは、早産で産まれた。
4ヵ月くらいから、早産防止の薬の影響か、動きすぎか
9ヵ月に入ったばかりのときに破水してしまった。
緊急帝王切開
産まれたボクは2000グラム、ピッタリだった。
救急でMRIの病院へ転院、そこでMRSAという、黄疸が大変強烈な状態に陥った。
産まれたその日に、息子とバイバイ。
状態もわからない、
パパのいってることも理解できない
張らないおっぱいを絞る毎日は辛い。

1枚だけ、管につながれたボクの写真が頼みの綱だった。

とにかく、生きてほしい


そして、3ヶ月後。退院の日
医師から言われたことは
「なにかあるかもしれません。覚悟しておいてください」

そのときは意味がわからなかった

そう、それは「自閉症スペクトラム」の可能性を示唆するものだった、と4年後に知ることになる


ボクとママと発達障がい® official

発達障がいの子どもをめぐる、家族の思い、学校、環境を描いた半ノンフィクションストーリー。